コーヒーの麻袋で

檜原村にあるゲストハウス「へんぼり堂」の土間と居間を仕切るのは土壁。
窓があって冬は冷たい風が通って寒くて寒くて大変!…
ということで、風よけを作らせていただきました。
考えていくうちに壁全体を覆うビッグサイズになりました。

henborido-tsuchikabe

へんぼり堂の土壁に

コーヒー豆の輸送に使われる麻袋4つを広げ、縫い合わせて裏地をつけました。
柄の違う物を集め、いろんな人が集う場所のイメージを重ねています。
袋を縫っている麻糸をなるべく切らずに丁寧にほどき、再利用して縫いました。
人のご縁を大切につなげるイメージです。
たくさんの人の手で作られたゲストハウスですから。

へんぼり堂 →東京ひのはら村ゲストハウス へんぼり堂

カテゴリー: 制作のこと - 制作日誌